illustratorとは?何ができるのか徹底解説!

2020年10月31日

illustratorとは具体的にどんなことができ、
どんな用途で使われるのかを紹介していきたいと思います。

このページの目次

illustratorとは?

illustratorの特徴

illustratorでできること

illustratorの利用方法

illustratorとは?

illustrator(イラストレーター)とは
Adobe(アドビ)というアメリカの会社が開発した
グラフィックデザインソフトです。
このソフトは世界的なデザイナーや企業も使用しているソフトで、
世界に溢れるデザインのほとんどが
このillustratorを用いて作られていることがほとんど。

また、illustratorは「イラレ」と略して呼ばれることが多いです。

illustratorの特徴

illustratorで書いたイラストや文字は
どんなに拡大しても縮小しても画像が劣化することがない
ベクターデータで作成されます。

また、ベクターデータで作られた画像は
ベクター画像といいます。

解像度という言葉は聞いたことあるでしょうか?

解像度とは簡単に言うと、
画質を数値化した表現ですが、
ベクターデータにはその概念は存在しません。

illustratorでできること

illustratorはその名の通り、
イラストを書いたり、文字の装飾やデザインなどができるソフト。

① 「様々な形を描ける」


長方形や楕円形ツールなど色々なツールを使って、
曲線、直線などの様々な形を作ることができます。

illustratorでは感覚的な形状はもちろん、
数値を入力して正確な形状を描けることができます。

② イラレでできること「自由に形状を編集できる」


illustratorで描いた形(オブジェクト)は
自由に変形したり、拡大・縮小、
回転や反転、合成、くり抜き、色付けなどをして
編集することができます。

③ イラレでできること「テキストを自由にレイアウトできる」


イラレで作ったテキストは
書体を変えたり、行間や行揃えなどができます。

色を変えるのはもちろん、
影をつけたり3D風にしたり、
好きなようにデザインすることができます。

④ イラレでできること「ペンがなくてもイラストが描ける」


Illustratorは、□や○などの形だけで、
イラストを描くことができます。

シャイプ形成ツールというものがあるので、
それを使えば単純なイラストから複雑なイラストまで、
ペンを持たずに描くことができます。

⑤ ロゴを作ることができる


企業やお店、ブランドなどのロゴを作ることができます。

illustratorの利用方法

illustratorを自分のパソコンで起動するには、
いくつかの手順が必要。

ソフトはオンラインのみの購入になっているので、
今からすぐにでもイラストレーターを使用することができます!

年間36,346円と高めですが、月額で払うこともできます!

法人向け、学生や職員向け、コンプリートプランなど
様々なプランがあり、自分にあった最適なプランで購入することが
できるのでぜひダウンロードしてみてください!

アニメを無料で見たい方にはhuluとU-NEXTがおすすめ!下記リンクから登録すると他アニメも見放題の無料トライアル付き!

ソフト

Posted by kamochan