【音速のソニック名言集】「逃げられると思うのか、この俺から!」ソニックの名言26選【ワンパンマン】

2021年11月12日

ワンパンマン音速のソニック
©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部
©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

2009年から『ONE』が連載したギャグ漫画・ワンパンマン。
現在も原作として連載されているワンパンマンですが、2012年に『村田雄介』によってリメイクという形で再連載されることになりました!

そして2021年現在では、累計発行部数2400万部を突破する大人気漫画となった『ワンパンマン』。

今回は、作中ではやられてばかりですが、実はメチャクチャ強い音速のソニックの名言・名シーン集をご紹介します!

サイタマに固執し、何度も勝負を挑むソニック
サイタマが強すぎるあまり、いつもボコボコにされているので、あまり強くない印象を抱いている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はソニックの戦闘能力はS級ヒーローにも劣らないと言われています。

サイタマに何度も勝負を挑むソニックですが、戦いに敗れる姿ちょっと抜けているところが意外と面白いので、ぜひご覧ください!

サイタマの名言集はこちら

※ネタバレが含まれますので、苦手な方はご遠慮ください

ワンパンマンあらすじ

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

無職の男サイタマは、就職活動が上手くいかず、全てがどうでも良くなっていた。
今日も会社の面接を受けにいくも、結局上手くいかず見事に落とされてしまう。
そんな帰り道、サイタマは、カニの風貌をした白ブリーフの怪人・カニランテと遭遇する。

カニランテは人間であるサイタマを殺そうとするが、サイタマの死んだ魚のような目を見て見逃すことに。
サイタマは、カニランテが去り際に「アゴの割れたガキを八つ裂きの刑」にすることを耳にしてしまうが、結局、そのまま家に帰ることにする。

家路に着こうとしていたサイタマだったが、たまたま「アゴの割れたガキ」に遭遇することになる。
事情を聞くと、カニランテの乳首に油性マジックで落書きをしたことを知る。

アゴの割れた子供を安全な場所に避難させるか悩んでいたサイタマだったが、すでにカニランテは二人の背後に忍び寄っていた。

すかさずアゴの割れたガキに襲いかかるカニランテ。
サイタマは反射的にアゴの割れたガキをかばってしまう。

激昂するカニランテを見たサイタマは、昔観たアニメの悪役とカニランテを重ねて、思わず笑ってしまう。

不愉快に感じたカニランテは、サイタマをそのまま殴り飛ばしてしまう。
その瞬間にサイタマは、就職活動をやめる決心をし、同時に、昔憧れていたヒーローになることを決意する。

死闘の末、サイタマは見事カニランテに勝利し、ヒーローを目指すキッカケを得ることとなった。

その後、3年間のハゲるほど苦しいトレーニングを毎日続け、無敵の力を手に入れたサイタマ。

どんなに強敵でもワンパンで倒してしまうサイタマは、自身と対等に渡り合える存在に出会えず、退屈な毎日を送るが、仲間との出会いをキッカケに自分が目指すべきヒーロー像を少しづつ見出していくことになる。

音速のソニックのプロフィール

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

名前                ソニック
身長                174cm
出身地               忍者の里
体重                不明
年齢                25歳
誕生日               不明
趣味                料理・尾行
好きなもの             スピード自慢・電柱の上
嫌いなもの             自分より速いやつ
ランク               S級賞金首

音速のソニック

自称『最強の忍者』であり『サイタマのライバル』。
ゼニール邸襲撃事件でサイタマと出会い、惨敗したことをキッカケにサイタマをライバル視するようになります。
以降、たびたびサイタマの元に現れ勝負を挑みますが、一度も勝利できていません。

音速のソニックの生い立ち


ソニックは、暗殺者を育てる『忍者の里』出身で、S級ヒーロー「閃光のフラッシュ」と兄弟同然の付き合いでした。
しかし、閃光のフラッシュの裏切りによって、忍者の里は滅び、ソニックは生死をさまようことになります。
さらに忍者の里が滅んだあと、S級1位のヒーロー「ブラスト」によって、後輩たちをボコボコにされ、ソニックは信じるべきものを失ってしまいます。

・兄弟同然の関係だったフラッシュの裏切り
・仲間たちがヒーローによって倒されたこと


家族も支え合う仲間も失ってしまったソニックは、ヒーローを対立の立場として見るようになりました。

作中でもソニックは、ヒーローを卑下するような言葉をガンガン使っています。

ヒーローと敵対視するソニックは、主人公のサイタマを倒すために、手段をいとわず鍛錬を積み、実力をつけていきます。

音速のソニック/Cv.梶裕貴のプロフィール

梶裕貴(かじ ゆうき)
1985年9月3日生まれの東京都出身。

小学生のころから、一つのことに対して全力で取り組んでいた
夢を見つけては、壁にぶち当たり、別の夢を見つけては全力に取り組む、を繰り返していたが、中学生の頃に『声優業は、何に対して頑張っても全てが自分の力となる』という言葉に感銘を受けて本格的に声優業を目指すことになる。

声優業を目指すようになったものの、当時は通える養成所がなかったため、独学で漫画を音読していた。
高校入学前に、無料で通うことができる声優の養成所があることを友達から聞き、受験し見事合格。

その後、数々のオーディションを受け、現在では、多くの有名作品の代表キャラクターを演じるまでになる。

2004年 ゲーム『帝国千戦記』で声優デビュー。
2006年 声優事務所『アーツビジョン』に所属。
2007年 アニメ『Over drive』の篠崎ミコト役でテレビアニメ初主演を飾る。
2013年 『アーツビジョン』を退所し、声優事務所『ヴィムス』に所属。

梶裕貴の代表作は

『進撃の巨人』エレン・イェーガー
『マギ』アリババ・サルージャ
『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍
『七つの大罪』メリオダス
『アオハライド』馬渕洸
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』広瀬康一

梶裕貴の紹介記事はこちら

音速のソニックの名言&名シーン集

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「あんたは運がいい 俺との契約期間中にこんな事が起きるとはな」

2巻:12撃目
暗殺者や用心棒として裏で働くソニックは、大富豪ゼニールの用心棒としてZ市に来ていました。
桃源団がゼニール邸を破壊しようとしていることを知ったゼニールは、急いで対策を考えますが、用心棒として雇われているソニックは、自信満々でゼニールにこのセリフを放ちました。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「お前らはどうする」

2巻:12撃目
ハンマーヘッド率いる桃源団とソニックが対峙したシーン。
『忍者の里』で暗殺者として育てられてきたソニックは、これまで戦ってきた相手を生きて帰したことがありません。
ソニックは、桃源団の団員たちに対して投降すれば死なずに済むと警告します。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「来る方向がわかっていれば俺のスピードに対応できるとでも思っているんだな 哀れな奴だ… 誘いに乗ってやろう」

2巻:13撃目
桃源団のボス・ハンマーヘッドとの戦いで、道を塞がれたソニック。
しかし、作中でトップクラスのスピードを誇るソニックにとって、ハンマーヘッドの道を塞ぐ対策は痛くも痒くもありませんでした。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「お前など知らん」

2巻:14撃目
ソニックと主人公サイタマが初めて対面したシーン。
ヒーローに興味がない、むしろ忌み嫌っているソニックはサイタマのことなど知る由もありません。
知名度が低いことを気にしているサイタマにとっては、かなり傷ついてしまう言葉だったようです。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「お前は俺の技を二度も見切った それが問題だ」

2巻:14撃目
自慢のスピードを活かした攻撃を二度も、サイタマに見切られてしまったソニック。
これまで戦った相手を生かすことなく蹂躙してきたソニックにとっては、初めての経験だったようです。
プライドを傷つけられたソニックは、サイタマを叩きのめすことを誓います。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

ソニック狂気的で無邪気な笑顔をサイタマに見せるシーン

2巻:14撃目
ソニックが無意識に見せる不気味な笑顔。
ソニックにとっての戦う意味とは、"自身のスピードを相手に見せつけること“。
サイタマは、ソニックの笑顔を見て、一瞬でソニックが戦闘狂であることを理解します。


©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「サイタマ! 次に会った時がお前の最期だ! 究極の忍術で確実に仕留める! この音速のソニックがな!」

2巻:15撃目
サイタマとの戦いで股間を強く打ちつけたソニック。
これまで負けた経験がないソニックは、自身を負かしたサイタマをライバルとして認めます。
この一件から、ソニックはサイタマにしつこく付きまとうように…。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「音速のソニックだ」

3巻:18撃目
サイタマに名前を覚えられていなかったソニック。
サイタマの一言一言がソニックの感情を逆撫でしてしまうのでしょうね…。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「逃げられると思うのか この俺から!」

3巻:19撃目
自身を"最強の忍者“と自負しているソニックは、サイタマに相手にされないことに憤ります。
そしてソニックは、すかさずサイタマの背後から奇襲を仕掛けようとします。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「お前もヒーローなどというくだらん肩書きを持っているんだったな だったら俺と戦わざるをえない状況にしてやる ヒーローサイタマ!」

3巻:19撃目
サイタマとソニックの諍いを止めようとして入ってきたC級ヒーローのタンクトップタイガーを、ソニックは一撃で気絶させてしまいます。
ヒーローをよく思っていないソニックにとって、ヒーローはくだらない存在。
ソニックがサイタマを意地でも倒そうとするのは、単に負けたからだけではなく、サイタマを一人のヒーローとして嫌っているからなのかもしれません。


©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「貴様のおかげで俺も脱獄する事ができた 礼をいう」

4巻:24撃目
サイタマに倒されたことで、看守の手に負えない凶悪な犯罪者たちを収容する『臭蓋獄』に収監されたソニック。
通常では絶対に脱獄できないといわれている臭蓋獄から、なぜか収監されているS級ヒーロー・ぷりぷりプリズナーとともに、抜け出してしまいます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「俺がここで快適に過ごすには? "答え"は皆殺しだ」

4巻:番外編
脱獄不可能な監獄"臭蓋獄“で囚人たちに目をつけられてしまったソニック。
しかしソニックは怯むことなく、強気な態度で囚人たちを煽ります。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「どう見ても天使ではない… というか人間じゃない というかもう見たくない帰るか…」

5巻25撃目
ぷりぷりプリズナーの変身『エンジェル☆スタイル』を目の当たりにしたソニック。
シュールなツッコミがじわじわとくるシーン。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「深海王… お前の動きは完全に見切った 俺がお前に負ける要素は無い」

5巻:25巻
S級ヒーロー・ぷりぷりプリズナーは深海王との戦いに敗れてしまいます。
その後、ソニックと深海王の戦いが繰り広げられることに。
ソニックはいとも簡単に深海王の攻撃をかわし、深海王の顔面に『風刃脚』を叩き込みます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「嬉しいぞ深海王! 貴様のような奴と戦うと自分の技の強さを再確認できる」

5巻:25撃目
自身のスピードと強さを実感することで生を感じるソニックは、S級ヒーローのぷりぷりプリズナーでさえも勝てなかった深海王を圧倒することで、自身の強さを再確認します。
ソニックらしい言動ですね。



©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「そこで待ってろ… 次会う時が貴様の最期だ」

5巻:25撃目
深海王に対して「負ける要素がない」と強気で戦うソニック。
しかし、深海王の強さはこんなものではありませんでした。
雨が降ることで本来の姿に戻った深海王は、パワーに加えて、スピードもソニックを上回るほどに。
丸腰のソニックは、このままでは深海王に勝てないと考え、一時撤退することにします。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「正義ごっこなどしている連中では本物の強敵には勝てない 何も守る事はできない」

5巻:25撃目
ソニックは、過去の出来事がキッカケでヒーローを敵対視しています。
武器の調達で一時撤退したソニックは、帰り際にジェノスに遭遇。
S級のジェノスにたいして、このセリフを放ちます。
このセリフから、ソニックの過去にヒーローが関係していることが示唆されていると思われます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「要約するとこんなところか お断りだ」

8巻:40撃目
災害発生率が異常に高くなっているZ市。
ヒーローたちだけでは対処できないと考え、ヒーロー協会本部は犯罪者たちを招集。
ソニックもヒーロー協会本部へ赴きますが、ソニックの本来の目的は、ヒーローたちと協力して怪人を倒すことではなく、サイタマを倒すことでした。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「覚悟しておけサイタマ 俺はお前のスピードを超える! この音速のソニックに二度も恥をかかせた事 後悔させてやる!」

9巻:41撃目
ヒーロー協会の協力の要請を拒否したソニックは、ヒーロー協会を後にします。
サイタマからの敗北を根に持ち続けているソニックは、自身のプライドを守るべく、サイタマを倒すことを再度誓いなおします。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「サイタマのライバルだ 今日は決着をつけに来た わかったらどけ 邪魔だ」


9巻:42撃目
ソニックは、リベンジのためにサイタマの家を訪れます。
いち早くソニックの接近に気づいたサイタマの弟子・ジェノスは、そのままソニックを出迎えることに。
このソニックのセリフに対してのジェノスの返しも秀逸で面白いです!

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「排除されるのはお前だ 金魚の糞野郎」

9巻:42撃目
ジェノスに「これ以上踏み出せば排除する」と警告されたソニック。
ソニックは余裕の表情で、ジェノスにこのセリフを放ちます。
この後、ジェノスVSソニックの戦いが繰り広げられます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「サイタマ! よく見ておけ! 弟子をスクラップにしたら次はお前の番だ!」

5巻:29撃目
サイタマに宣戦布告するソニック。
ジェノスと戦闘している最中ですが、勝つ前提で言っているのがソニックらしいですよね…。
まだまだ本気を出していないジェノスも、火力をあげてソニックに引導を渡しにいきます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「この時を待っていた お前を殺すために編み出した究極奥義………… 見せてやる!」

9巻:43撃目
サイタマの無気力で謎めいた威圧感に若干怯みつつも、ソニックはサイタマを倒すために編み出した究極奥義で決着をつけようとします。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「あばッふッ」

9巻:44撃目
サイタマに、究極奥義『十影葬』を放つソニック。
ありえない速さで移動することで、10の残像を作り出す技ですが、サイタマは即席の必殺マジシリーズ『マジ反復横跳び』で無数に分身します。
『マジ反復横跳び』を見たソニックの反応。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「サイタマ… 俺は怪人になるぞ」

15巻:78撃目
ソニックと同じ”忍者の里”出身の怪人・業火のフレイム疾風のウィンド怪人になることを勧められたソニック。
サイタマに敗北を味合わされたことで、人間としての未練はないソニックは怪人になることを心に決めます。

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

「これ…火を通して良かったんだよな? 常識的に考えてこんな得体の知れない生肉をそのまま食える訳がないしな…」

15巻:78撃目
ソニックは、怪人細胞を食べることで怪人になろうとします。
しかし、生で食べないと効果が出ない怪人細胞を、ソニックはステーキ風に調理してしまいました。
結果的に、怪人になれずにただお腹を壊してしまったソニック。
見ている側としてはソニックには怪人になってほしくはないので、少し安心…。

まとめ

©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

今回は、音速のソニックの名言&名シーン集をご紹介しましたがいかがでしたか?

自称"最強の忍者“音速のソニック。

最強主人公・サイタマとの戦闘シーンばかりで、ソニックの強さこそ伝わりづらいですが、『ワンパンマン』においては必要不可欠な存在。

プライドが高く、サイタマをしつこく追いかけ回しますが、作中ではもはや「鉄板ネタ」になっているほど、読者にも浸透していますね!(笑)

ところどころの言動で、ソニックの過去にあった出来事なども垣間見えて、考察しがいのあるキャラクターの一人でもあります!

ソニックの魅力は言葉だけで伝えることは到底出来ないので、ぜひアニメの方もご覧になってくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

サイタマの名言集はこちら

他アニメの名言・名シーン集はこちら

アニメを無料で見たい方にはhuluとU-NEXTがおすすめ!下記リンクから登録すると他アニメも見放題の無料トライアル付き!

あにどっとが運営する百合アニメ漫画

人気ワード

2020秋アニメ (60) 2021冬アニメ (9) 2020年WEBアニメ (8) 2020年WEB秋アニメ (7) Photoshop (4) 藤原千花 (2) とーとつにエジプト神 (2) ゾイドワイルド戦記 (2) ぜつめつきぐしゅんっ。 (2) フォトショ (2) 実験都市DIVER CITY (2) illustrator (2) クソゲーって言うな! (2) リムル (2) フォトショップ (2) キングダム (2) 転スラリムル (2) おねがいっパトロンさま! (2) モモンガ (1) IDOLY PRIDE (1) アイカツプラネット (1) アルミン名言 (1) 衛宮士郎 (1) 新条アカネ (1) 赤坂アカ (1) バロン (1) 弱虫ペダル (1) AdobePhotoshop (1) アイドールズ (1) ウマ娘プリティーダービーシーズン2 (1) Dr.STONE石神千空名言 (1) Fate衛宮士郎 (1) 宝多六花 (1) 銀魂銀時 (1) アイカツ (1) 猫の恩返し (1) グリッドマン (1) Fateアーチャー (1) 銀時名言 (1) オーバーロード (1) 日野っち (1) アイカツシリーズ (1) サン (1) 銀魂銀時名言 (1) かぐや様 (1) アーチャー名言 (1) 袴田吉彦 (1) アインズ・ウール・ゴウン (1) かぐや様は告らせたい名言 (1) アイ★チュウ (1) アシタカ (1) アーチャー (1) Fateアーチャー名言 (1) SSSS.GRIDMAN (1) ガンダムビルドダイバーズシリーズ バトローグ (1) かぐや様は告らせたい四宮かぐや名言 (1) WIXOSS DIVA(A)LIVE (1) 宮 ~Love in Palace (1) エスケーエイト (1) 兄に付ける薬はない!4 (1) 神楽 (1) わがまま言っちゃ駄目ですか (1) 王騎 (1) 24 -TWENTY FOUR- (1) イラストレーター (1) SK∞ (1) ぴえろ (1) カピバラさん (1) 大人神楽 (1) LOST (1) おとなの防具屋さん (1) いわかける! – Sport Climbing Girls – (1) ターニャデグレチャフ (1) 福田潤 (1) CSI (1) オルタンシア・サーガ (1) 転生したらスライムだった件リムル (1) 新開集人 (1) お可愛いことですわね (1) Fate衛宮士郎名言 (1) 特撮 (1) 原泰彦 (1) ブラッククローバー (1) 裏世界ピクニック (1) SSSS.GRIDMAN魅力 (1) かぐや様は告らせたいかぐや名言 (1) (1) ゴーシュ・アドレイ (1) 神楽名言 (1) EX-ARM エクスアーム (1) 四宮かぐや名言 (1) 澤村大地 (1) EX-ARM (1) 衛宮士郎名言 (1) 銀魂神楽名言 (1) 中華統一 (1) チュ・ジフン (1) SK∞ エスケーエイト (1) 銀魂神楽 (1) 転生したらスライムだった件名言 (1)