「だって世界は  こんなにも残酷じゃないか」大人気アニメ『進撃の巨人』三期までの見どころやキャラについてをご紹介!

2021年6月1日

ネタバレも含みますので苦手な方はご容赦願います。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


『進撃の巨人』を無料で見るには、Huluがおすすめ。

進撃の巨人の三期までのあらすじ


人類にとっての敵巨人、圧倒的な力の前に人類が
巨人と対面した場合は成す術無くやられてしまう。
それでも人類が生存したのは巨大な壁によって
守られていたからだった。

しかしその人類の希望の壁は
突如現れた超大型巨人に壊されてしまう。

また城門も鎧の巨人に突破されて、壁内に巨人が侵入、
人類は再び巨人の脅威にさらされることになるのだった。

本作の主人公エレンは壁を壊された街のエリアにいたため、
母親が巨人に食われるという地獄を見る。
それからというもの、巨人を一匹残らず駆逐してやろうと強く願う。


人類の兵士には三つの勢力があり
王を守る憲兵弾、町を守る駐屯兵弾、そして壁外調査という
危険を冒して人類の領土拡大を狙う調査兵団。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会



そして新兵育成所で訓練を重ねた結果、
調査兵団を入隊することになる。
そして再び現れた超大型巨人三つあるうちの
二つ目の壁が破られてしまいます。
人類の全霊をかけた戦い、
その中で救世主が現れる。それが巨人化したエレン。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会



壁の穴を塞ぎ初めての人類の反撃が始まった。
調査兵団に面倒を見てもらうことになった
エレン、ミカサやアルミンたち動機も入隊し
団長エルヴィン・スミス、兵長リヴァイを中心に
人類の進行が始まるのだった。

そこからはエレンと同じように人が巨人になるということが
明らかになり、女型をはじめとして次々と
巨人の正体が明らかになっていく。
次期に焦点は壁内になり人対人の戦いが始まる。
全ての謎が明らかになったとき、壁外にあるものは何なのか、
エレンたちは真相に迫っていくのだった。

進撃の巨人 キャラ紹介


エレン・イェーガー  (CV.梶裕貴)

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


物語の主人公で一回やると決めたら徹底的に
やる異常なまでの執念の持ち主。
エレンに狙われたら本人がボロボロになっても立ち向ってくるという、
恐ろしさを味わうことになります。
数少ない人類側の巨人化可能な人物でもあり、
正に人類進撃の要です。


ミカサ・アッカーマン (CV.石川由依)

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 本作のヒロイン。
エレンの幼馴染で完璧少女
エレンの訓令兵時代の成績はダントツ一位で武力、
頭脳全てが優れていて、ベテランの兵士曰く、
並の兵士100人分くらいの働きをするくらいの
ハイスペックさです。


アルミン・アルレルト (CV.井上麻里奈)

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エレンのもう一人の幼馴染
武力はあまりないが、頭がよくキレる。
作戦の参謀において無類の強さを誇る。
あのエルヴィン団長も任せるくらい
突発的な作戦を思いつく、正に軍師的立ち位置です。


リヴァイ (CV.神谷浩史)

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

人類最強の兵士で、視聴者からも圧倒的人気を誇る
通常の巨人は瞬殺レベル、そして人が変身した巨人とも対等に渡り合う
という規格外の強さを持つ。
正に人類の希望の星。

進撃の巨人 見どころ


三期まで見ていて一番胸が熱くなったのが、
少し王道からそれた感じがしますが
ベルトルトが覚悟をきめて巨人に再び光臨するというシーン。

「全部仕方なかった。だって世界は
 こんなにも残酷じゃないか」


壁内に潜入し、戦士として役割を全うするために覚悟を決めたベルトルト

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会



ベルトルトはかなり消極的な性格で
いつも決断は相方のライナーに任せていた。
いままで仲間だった同期がみんなして
自分の首を討ちとろうとしてくる
普通ならメンタルがおかしくなりそうです。
しかしそれを乗り越えたベルトルト
動揺することもなく表情は涼やかでこの時はどこか風格を帯びていた。

立体起動で上空に高く飛び、決壊した街を見渡す
世界の残酷さを悟り巨大なエネルギーと共に覚醒するのだった。
BGMも相まって感極まるシーン…

進撃の巨人 一押しシーン

二期の最後の方のエレン奪還作戦で
エレンがミカサに励まされるシーン

いままで無類の強さでエレンを守ってきたミカサ。
しかし大量の巨人を前には絶望するしかなかった。
ライナーがぶん投げてくるたくさんの巨人で
兵団は地獄絵図。
目の前には母カルラを食べた巨人が、
自分の叔父のような存在のハンネスを食べようとしています。


エレンは、まさにこの瞬間のために
力を手に入れたんだと巨人化しようと手を噛む。
しかし巨人化できずに食べられてしまうハンネス。

あの時から何も変わってない、エレンは自分の弱さに悔いるのではなく、
あまりにも自分がしょぼすぎて笑ってしまう。
そんなエレンをミカサは守るのではなく励ます。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

可愛すぎかよ

今まで見たことがないようなきれいな笑顔で
この時初めてミカサが正ヒロインなんだと強く実感しました…!
そこからのエレン座標発動はもう胸熱

進撃の巨人一時期離れてみてなかったのですが、
ついにファイナルシーズンが始まるということで
アニメを三期まで一気見しました。
相変わらず面白すぎて、学生の頃に見ていた
一期を始めてみたときの爽快感がよみがえってきました。
壁内の話辺りで、ややこしくなったのが離れた原因なのですが、
今見てみるとこのシーンも重要で深いと感じましたね。

ファイナルシーズンが楽しみすぎます!

↑『進撃の巨人』を見たい方にはhuluがおすすめ!↑
今なら無料トライアルで見放題!!!

※2020年 10月27日 現在

アニメを無料で見たい方にはhuluとU-NEXTがおすすめ!下記リンクから登録すると他アニメも見放題の無料トライアル付き!