【百合漫画好きはこちら】

【ワールドトリガー】「お前、つまんない嘘つくね」仲間の為に生き、戦う空閑遊真・名言集

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

2021年秋冬アニメでファン待望の3期が描かれたワールドトリガー。
2/11~はモンストとのコラボCMも放映され、今大注目のアニメ漫画です!


今回は、ワールドトリガー4人の主人公の1人・空閑遊真(くが ゆうま)の過去の名言・名シーンを集めてみました。

※ネタバレが含まれますので、苦手な方はご遠慮ください

ワールドトリガーあらすじ

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

舞台は、異世界への門(ゲート)が開き、近界民(ネイバー)と呼ばれる侵略者が出現する三門市。
近界民から市民を守る「界境防衛機関・ボーダー」の組織の一員である三雲修と近界民の空閑遊真の出会いをきっかけに、物語が始まっていきます。

空閑遊真 のプロフィール

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

身長 141cm
年齢 15歳
誕生日 不明
星座 不明
好きなもの  日本の食べ物


物語の舞台である三門市に突如現れた近界人(ネイバー)。
空閑を庇った事で、命を失いブラックトリガーとなってしまった父・空閑有吾(くが ゆうご)を生き返せる為に三門市にやってきました。
実は、空閑は父のブラックトリガーの力で生かされており、本当の肉体はゆっくりと死に近づいているのです。
今は、仲間となった三雲修と雨取千佳の目標を叶える為に、ボーダーの一員となっています!

空閑遊真/CV.村中知さんについて

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

村中知(むらなか とも)
1989年12月15日生まれ、茨城県出身。

所属は東京俳優生活協同組合。

小学4年生の頃に声優を目指し始め、2008年俳協ボイスアクターズスタジオ卒業、2009年東京俳優生活協同組合所属となりました。
2010年「ロビンくんと100人のお友達」で声優デビュー。
声種はアルトで、少年役に抜擢される事が多いようです。

代表作は『機動戦士ガンダムNT』(ミシェル・ルオ)
『キラキラ☆プリキュアアラモード』』(立神あおい/キュアジェラート)
『アイドルマスター シンデレラガールズ』(大和亜季)
『オレカバトル』(俺牙ファイヤ) など。

空閑遊真/CV.村中知さんの名シーン&名言集

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

よう、平気か?メガネくん


1巻第1話
三雲修と空閑の目の前にトリオン兵が現れてしまいます。
空閑が戦える事を知らない三雲は、空閑を庇うのですが力が足りません。
そんな三雲の姿をみて、空閑はブラックトリガーの力で三雲を救い出し、トリオン兵を撃破した際のセリフです。
まだ三雲の名前を知らない空閑…このセリフから2人の友情が始まります!

©葦原大介/集英社

全部むこうの言うとおりにしたんだから、納得しなきゃおかしいじゃんか

1巻第2話
日本での風習が分からない空閑。
空閑の生意気な態度をみて、不良が絡んできますが、空閑はその不良たちをボコボコにしてしまいます。
そんな状況に三雲は「やりすぎだ!」と怒るのですが、空閑が不良たちのお望み通りにしたのだ!と言い返しました。


©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

「ルールってのは世界を回すためにある おまえを守るためじゃない」…親父がむかしそう言ってた

1巻第2話
暴力に暴力でやり返す空閑に、「暴力は法律で禁止されている」と怒る三雲。
そんな三雲に言い返した時のセリフです。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

いざって時に自分を守れるのは自分の力だろ

1巻第2話
暴力は法律で禁止されているが、その法律を守らない人もいる…そんな世の中でどう生きるのか?
空閑の考え方がみえるセリフです。
実は、空閑の故郷は戦争が絶えない毎日でした。
そんな過去があるからこそ、重みがあるように感じますね。

©葦原大介/集英社

赤は「とまれ」だった

1巻第2話
日本の風習が分からない空閑。
赤信号の意味が分からず、車にひかれてしまった時のセリフです。
この時に、空閑の身体に亀裂が入り「パキパキ」という音がしますが、すぐに傷がふさがるのでした。
このシーンに、「空閑はトリオン体であり、肉体が別にある」事が分かる、印象的なシーンです。

©葦原大介/集英社

行くか行かないか、決めるのは修だ。でも、俺は行かない方がいいと思う

1巻第4話
空閑と三雲が通う中学校にトリオン兵が現れ、三雲が戦うと言い出した際のセリフです。
幼い頃から戦争ばかりを経験していた空閑だからこその、冷静な判断がみえるシーンです。
しかし、三雲はこの助言を無視してトリオン兵に飛びかかります。

©葦原大介/集英社

俺はああいう、たいしたことしてないくせに偉そうな奴が大嫌いなんだ

1巻第5話
三雲が持つトリガーを使ってこっそりとトリオン兵を倒した空閑。
そんな三雲を怪しむ、A級・木虎藍に対して言った言葉です。

©葦原大介/集英社

言っただろ、お前と修じゃ勝負になんないって。あいつは、お前と見てるもんが違うよ

2巻第8話
三雲が褒められているのが悔しくてたまらない木虎の気持ちに気づいていた空閑。
それに対して三雲は人に感謝される事よりも、人を助けたいという気持ちが強く、空閑はその気持ちの方が大事だと認めている事が分かるシーンです。

出会って間もないのに、強い絆があるように思えますね。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

俺が6歳の時に聞かされた、親父の3つの教えってのがあるんだけど
「その1、自分のことは自分で守れ」
「その2、正解は一つじゃない」
「そしてその3、親の言うことが正しいと思うな」

3巻第18話
雨取千佳と出会った空閑は、亡くなってしまった父・有吾について話します。
近界での戦争で、自分の事を守り切れなかった空閑、そして息子を助ける為に命を絶った有吾。
この3つの教えは、空閑の心に深く刻まれていると思います。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

やばい時は逃げないと、そのうち死ぬぞ。逃げるのも戦いのうちだ

3巻第22話
父・有吾を生き返らせないと知った空閑は、生きる目的を亡くしてしまいます。
そんな中、雨取は近界に行ってしまった兄を探すことを目的にボーダーへの入隊を決意し、三雲も雨取をサポートすることを決めます。
その2人をみて、空閑は「人のために頑張る三雲」を心配しつつ、かけたセリフです。
戦いを知らない2人を守りたい…という空閑の心が動いた瞬間です!

©葦原大介/集英社

リーダーはオサムだ そうじゃなきゃチームは組まん

3巻第21話
三雲と雨取の目標を叶える為、チームを組む事となった3人。
隊長は実戦経験がある空閑だ、と三雲が思う中、空閑は「リーダーはオサムだ」と言い切ります。
知恵と工夫でチームを勝利に導く、三雲隊長が誕生したのは、空閑の一言がきっかけなんですよ!


©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

修だって、別に今すぐ勝てるとは思ってないだろう。先のことを考えて、経験を詰んでんだよ

5巻35話
玉狛第2の隊長である三雲。
玄空閑の協力のお陰手B級隊員に昇格できた三雲。
三雲の偽りの活躍を聞いて、A級部隊の隊長・風間蒼也に勝負挑まれてしまいました。
何度対戦しても瞬殺される三雲の姿をみて、空閑が言ったセリフです。
三雲の意図をちゃんとわかって見守れる…もう相棒同士ですね!

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

自分の方が強いと思い込んでる奴は、勝てるはずの相手に負けるとムキになるから、ベストな動きが崩れて倒しやすくなる

しかも負ければ負けるほど、取り返そうとして熱くなるから、後はその隙をつくだけで簡単に勝てる

5巻41話
三雲の噂を聞きつけて、三雲と直接勝負を挑んだ緑川駿。案の定、三雲はぼろ負けしてしまいます。
多くの観客を寄せ集めて、三雲の評判を落とした緑川に空閑は静かに怒りをぶつけ、緑川を8-2で破るのでした。
その際の、淡々とした空閑のセリフには、空閑が壮絶な環境で育ってきたことが分かります。

©葦原大介/集英社

けどこのままじゃ、千佳がやばいんだろ?

6巻第47話
アフトクラトルの大規模侵攻時に、禁止されていた父・有吾のブラックトリガーを使ってしまった空閑。
三雲に使用することを止められ、空閑が言い返した際のセリフです。
誰かの為に頑張る…なんだか三雲のようになってきた空閑でした。

©葦原大介/集英社

こんだけの手練相手にレプリカ無しじゃあ、どう見ても俺が劣勢。まあそれでも、修の邪魔はさせないけどな

8巻第64話
アフトクラトルの大規模侵攻で、アフトクラトル最強・ヴィザと1対1で戦う事になった空閑のセリフです。
空閑の中で、三雲がどれほど大切な存在になっているか分かる一言です。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

修は、俺達を置いてどこにも行かないよ。あいつは面倒見の鬼だから

アニメ第35話
このセリフはアニメ限定のセリフです!
アフトクラトルの大規模侵攻で、雨取を必死に守りきったボロボロの三雲をみて、自分を責める雨取。
そんな雨取にかけた優しい言葉です。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

あいつはその頼みに100%応えた

10巻第83話
三雲と雨取を守るため、アフトクラトルに真っ二つにされてしまったレプリカ。
レプリカを失ってしまったのは自分の責任だという三雲に、かけた言葉です。
レプリカを信用しているから言える言葉ですね…!


©葦原大介/集英社

俺は別に凹んでないよ。みんなも同じように鍛えてるのは分かってる。全部が全部勝てるとは限らない。でも、だから強い人と勝負するのは面白い

11巻第94話
サイドエフェクトを持つ村上鋼と対戦し、負けてしまった空閑を励ます林藤支部長。
その励ましに対し、空閑はこのように返しました。
ボーダーに入隊してから、楽しいと思える事が増えたようにみえます!

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

修のおかげだな。あいつが俺に目的をくれなかったら、こんなに面白い毎日じゃなかっただろうな

アニメ第48話

こちらもアニメ限定のセリフです!
B級上位のランク戦を控える中、空閑がふと口にした一言。
三雲と出会えなければ、ボーダーに入らなければ…今の空閑は何を楽しみに生きていたのでしょうか。
幸せと切なさがぎゅっと胸を締め付けるようなセリフです…。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

無駄な経験など無い。あるのは、それを糧に出来るか出来ないかの差だけたって、親父は言ってた

アニメ第64話
B級ランク戦で全く活躍できなかった三雲にかけたセリフです。
この言葉の通り、三雲は失敗も成功も全て自分の力にして勝ち上がっていきます…!

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

そこか…!

12巻第98話
B級ランク戦で、那須隊スナイパー・日浦茜を見つけた時のセリフです。
静かに呟く言い方には、戦い慣れ心を失ってしまったように見えます。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

リクエストにそえなくて悪いけど……あんたを倒すのは、修だよ

20巻第194話
B級単独2位という目標まであと少しの三雲隊。
最大の強敵・二宮匡貴と激突している際に言ったセリフです。
二宮は、弱い三雲にやられる訳はないと信じており、空閑の言葉通りに三雲にとどめを刺されてしまいます…!

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

お前、つまんない嘘つくね

様々な話に登場
噓を見抜く事ができる空閑遊真。
このセリフは、そんな空閑の決め台詞のようになっています!
ここから、空閑の大反撃が始まるので、ワクワクする方も多いのでは?!

まとめ

『ワールドトリガー』空閑遊真の魅力は分かっていただけましたでしょうか?

三雲との出会いをきっかけに、段々と「誰かのため」に生きれるようになる空閑。
今では、ヒュースを加えた新生三雲隊のバランサーの役割も担ってるかもしれません。
ワールドトリガーには、まだまだ沢山の名言がありますので、是非チェックしてみてくださいね。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション


他アニメの名言・名シーン集はこちら


▼ワールドトリガーシリーズを見るならこちら▼

アニメを無料で見たい方にはhuluとU-NEXTがおすすめ!下記リンクから登録すると他アニメも見放題の無料トライアル付き!

あにどっとが運営する百合アニメ漫画

名言・名シーン

Posted by MayMay